FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釜石の工場に工具を贈りました(第2回)

 6月29日(水)に、企業の皆さまからお預かりした工具、機械類を釜石の工場にお届けしてきました。6月11日に続いて、2回目のお届けです。
 お届け先は前回と同じく有限会社釜石内燃機様と株式会社三陸技研様、そして今回は財団法人釜石・大槌地域産業育成センター様にもお届けしました。

出発
 今回はタッピング・ボール盤、マシンバイス、更衣ロッカー、ガラスショーケース、作業用工具類、折りたたみ椅子、集塵機、水中ポンプ、チェーンブロック、コードリール等262品目をお届けしました。1.5tトラックが御覧のとおり満杯になりました。
 現地に行って来たのはKNF鬼柳裕副代表、阿部昌明幹事、事務局2名と北上市役所財政課職員1名です。

釜石内燃機2
 始めに、有限会社釜石内燃機様に伺いました。
 同社では漁具関連用品の製作を再開されていました。写真は、製作した漁網を片づけるときに使う用具を手にされている同社代表取締役 高橋優一様です。
 同社にはキャビネット、タッピングボール盤、マシンバイス等をお届けしました。

三陸技研
 続いて株式会社三陸技研様に伺いました。
 同社は震災後初の受注品の出荷を間近に控えているところでした。
 同社にはジェットタガネ、集塵機、更衣ロッカー等をお届けしました。

釜石大槌センター
 最後に、財団法人釜石・大槌地域産業育成センター様にガラスショーケース、PC用デスク、卓上ボール盤などをお届けしました。 

 事業の復興が進み、釜石・大槌地域の牽引力となって、地域の一日も早い復興に繋がることを願っています。
スポンサーサイト

オイカワ製作所様

 北上市に立地されているオイカワ製作所様から、ボール盤とマシンバイスを頂戴しました。
 同社は精密部品加工を得意とされている企業です。

 オイカワ製作所
 及川孝代表に支援機材をお持ちいただきました。ありがとうございます。

北上ハイテクペーパー(株)様

 K.N.F会員企業の北上ハイテクペーパー(株)様から、スパナ、ドライバー、モンキー等を頂戴しました。
 同社は国産パルプ100%のインクジェットプリンタ写真用紙、家庭用のティッシュペーパー等を生産されています。
 http://www.kitakami-hitec.co.jp/

北上ハイテクペーパー
 写真はインパクトドライバー、水中ポンプ、電動ブラシ、チェーンブロック。様々な物品を頂戴しています。

沿岸地域ものづくり復興支援へのご協力に心より感謝申し上げます。

zenkei.jpgDSC_8038_convert_20110621130051.jpgkougu.jpg

北上ネットワークフォーラム(K.N.F)代表の小原学です。

 この度は、KNF会員や北上市周辺の立地企業の皆様の熱いご支援により、無事に釜石地域のモノづくり企業2社に工具類をお届けすることができました。
 ここに、あらためて、心より感謝申し上げます。
 また、高橋敏彦市長はじめ北上市職員の方々、基盤技術支援センターのスタッフの皆様、釜石・大槌地域産業振興センターの方々にも、この場を借りて御礼申し上げます。

 思い起こせば、発端は、震度2程度の余震がまだ続いていた5月9日の北上ネットワーク・フォーラム(KNF)役員会の席でした。
 震災に伴う情報交換を行う中で、同緯度の東西に位置する工業都市・釜石市を支援する話が提案されました。

 しかし、何を支援すれば良いのか分からず、百聞は一見にしかずの言葉に習い、まずは釜石に行って話を聞こうと、5月25日、私と、鬼柳裕副代表、市川雅得副代表、阿部昌明幹事と北上市沿岸地域被災者支援プロジェクトチーム宮腰主任、そして事務局2名で釜石市を訪れました。

 訪問先の釜石・大槌地域産業振興センターで1時間ほどお話を聞いた後、工場が津波に巻き込まれた製造業2社を案内され、想像以上の被災状況と、そんな環境でもう一度立ち上がろうとされている姿を見て、「同じ製造業として何か行動をしなくては」と一同、固く心に誓い北上へ戻ってきました。

 その後、6月1日に緊急役員会を開催し、今、我々に出来ることは、微力でもいいから素早く行動することであるとの共通認識のもと、会員の皆さんから不要工具の提供を呼びかけ、どれだけの量が提供されるか分からないから、まずは訪問した2社へ限定し、可能なかぎり早くお届けしようという結論となりました。

 その後、事務局は驚くべきスピード感で関係者と調整をし、北上市のご協力も得ながら、6月3日(金)に「沿岸モノづくり復興支援事業」というタイトルで関係の方々にFAXし、6月11日(土)まで不要工具を募集しました。

 すると、続々と企業様から温かい協力の申し出があり、スパナ、レンチといった作業工具から、ドリル、グラインダ、測定工具まで、我々の想定を遥かに超える30社様から約2,000点の工具類が集まりました。中には新品も多数含まれておりました。

 これらを、北上市職員の有志の方の助けをいただきながら、6月13日(月)にトラックに積込み、2社それぞれの業種を想定し2分して引き渡してまいりました。

 その模様は、新聞やNHK「おばんですいわて」で取り上げられ、両社ともに、たいへん喜んでいただくことができました。とりわけ、従業員の方が荷をほどいて、工具類を見たときの笑顔、その満面の笑顔で次々と荷をほどいてゆく姿に、取り組んだ喜びと、協力いただいた企業の皆様にも報いることができたと感じたところです。

 とにかく何か行動せずにはいられない気持ちで、多くの不安を抱えながらも前に進んだことが、結果的に多くの方々の温かいお心に触れ、相手先にも喜んでいただくことができました。
 繰り返しになりますが、あらためて皆様、「本当にありがとうございました!!」

 ●工具類を提供戴いた企業(6月20日現在)
  1)㈱マルサ 様
  2)トヨタ輸送東北センター㈱ 様
  3)㈱ベスト 様
  4)㈱START 様
  5)グリーンリサイクル㈱北上工場 様
  6)東北日発㈱ 様
  7)(有)伝野工業所 様
  8)㈱市川製作所 様
  9)㈱鬼柳 様
 10)岩手イーハトーブ機工会 様
 11)ケミコン岩手㈱ 様
 12)㈱エレック北上 様
 13)(有)大和製作所 様
 14)北上槌屋デカル㈱ 様
 15)アムコー岩手㈱ 様
 16)㈱平野製作所 様
 17)㈱北上エンジニアリング 様
 18)㈱ミスズ工業 岩手工場 様
 19)イタテック(㈱松本精機) 様
 20)㈱小原建設
 21)他 (個人寄贈)
 22)関東自動車工業㈱ 様
 23)三菱製紙㈱北上事業本部 様
 24)㈱サトー 北上工場 様
 25)北上鐵工㈱ 様
 26)日栄電子㈱ 様
 27)北上ハイテクペーパー㈱ 様

 ●工具類をお届けした企業
  ㈱三陸技研   小澤代表取締役(新、前代表津波により死去)、
            三浦氏ほか
  ㈲釜石内燃機  高橋代表取締役ほか

 ●その他、ご協力いただいた方々
  釜石・大槌育成センター 事務局長ほか、釜石市商工労政課
  KNF 小原代表、鬼柳副代表、阿部幹事、事務局2名
  北上市、沿岸地域被災者支援プロジェクトチーム2名、広報係
  岩手イーハトーブ機工会
  東京・板橋区の板橋共同受注グループ・イタテック

【動画】6月13日釜石支援の様子

 6月13日の釜石支援の様子の動画です。

[広告] VPS


[広告] VPS

NHK盛岡「おばんですいわて」で紹介されました

 6月13日放送のNHK盛岡「おばんですいわて」でKNFの沿岸ものづくり支援の様子が放送されました。

NHK

 放送中の作業映像を撮りました。

釜石の工場に工具を贈りました

 6月13日(月)に、KNF会員の皆さま、この機会に御協力いただいた団体・企業の皆さま18社2団体からこの日までにお預かりした工具・機械類2,058点を釜石市の株式会社三陸技研様、有限会社釜石内燃機様にお届けしました。

 出発
 積み込みは北上市役所の企業立地課、財政課、沿岸地域被災者支援プロジェクトチームの力自慢達が手伝ってくれました。右から3人目はKNF小原学代表。

 釜石には、K.N.F小原学代表、鬼柳裕副代表、阿部昌明幹事、事務局2名と、サポートの北上市職員3名が伺いました。
 最初に訪問したのは、株式会社三陸技研様です。
三陸技研外観
 3月11日の津波から3カ月経ちましたが、爪痕がまだ生々しく残っています。

三陸技研
 株式会社三陸技研代表取締役 小澤伸之助様に工具・機械類一式をお渡ししました。

 続いて、有限会社釜石内燃機様に伺いました。
釜石内燃機
 こちらも、工場の外にはまだ津波の跡が残っていました。

釜石内燃機3
 搬入作業をしながら、あちら、こちらに笑顔の輪が広がりました。

釜石内燃機2
 有限会社釜石内燃機代表取締役 高橋優一様から「これを機に、復帰に向けて全力で立ち上がる」とのお話をいただきました。これからも、K.N.Fは沿岸で復興を目指すものづくり企業の皆さまを支援します。

関東自動車工業(株)岩手工場様

 K.N.F会員企業の関東自動車工業(株)岩手工場様から、投光器、配管用ベンダー、レンチ類などを頂戴しました。
 同工場ではトヨタ自動車のカローラルミオン、ベルタ、ブレイド、オーリス、イスト、ラクティスを生産されています。同工場では、従業員の皆さんが1回に約50人で被災地に入り、現地での復興支援活動をされるなど様々な支援をされています。
 http://www.kanto-aw.co.jp/

関東自動車
写真には写っていませんが、被災地で役立つ雨ガッパなども頂戴しています。ありがとうございます。

KNF情報提供/講演会

 KNF総会後の6月10日(金)午後3時20分からは、情報提供と講演会が開かれました。

 情報提供として「諸外国の放射線にかかる輸入規制の現状と対策について」をテーマに、日本貿易振興機構(JETRO)盛岡貿易センター所長 林道郎氏にお話を伺いました。
 放射線関係の輸入規制については、
 「しばしば前触れなく発表」
 「基準が必ずしも明確ではない」
 など海外取引特有の注意点があるため、確実な最新情報をどこで得られるかをきちんと把握することが大切なようです。
JETRO
輸出品の最新の注意事項について解説するJETRO盛岡 林所長

 講演会では「災害を乗り越えて 絆(企業間、地域間)」をテーマに、株式会社広井工機 廣井晃代表取締役からお話を伺いました。
 廣井氏は地震の新潟県中越地震、中越沖地震の被災体験や、長岡市内の産業連携活動、まちを元気にするための花火(おそらく国内屈指の規模の特大スターマインの企画)など震災を乗り越えてきた長岡の取り組みを紹介。また、国内の元気な地域が日頃から協力して、災害時に迅速に対応できるような関係づくりを進める考えを伺いました。
廣井晃氏
新潟県長岡市の株式会社広井工機 廣井晃代表取締役

北上ネットワーク・フォーラム総会

 北上ネットワーク・フォーラム総会は6月11日(金)午後2時20分から、ホテルシティプラザ北上で開催されました。
 総会には40人が出席。中小企業基盤整備機構やJETROと連携するなどして開催した22年度事業の報告と、海外市場展開や地域間連携等にも取り組む23年度事業案について承認を受けました。

 23年度の主な事業は次のとおりです。
 ・KNF技術展示商談会
 ・工場等見学会
 ・製造業生産革新セミナー
 ・企業を守る危機管理セミナー
 ・新事業展開セミナー
 ・KNF講座
 ・海外市場開拓セミナー
 ・他地域産業グループとの交流促進
 ・沿岸地域被災企業の復興支援

KNF総会

(株)ミスズ工業岩手工場様

 K.N.F会員企業の(株)ミスズ工業岩手工場様から、スパナ、ラジオペンチ、レンチ等の工具類を頂戴しました。
 同社は精密プレス加工、表面処理等を得意とされています。
 http://www.miszu.co.jp/jp/companies/iwate.html

ミスズ工業
各工具とも、頂戴した種類が判る見本のみ紹介させていただきます。ありがとうございます。

(株)北上エンジニアリング様

 K.N.F会員企業の(株)北上エンジニアリング様から、ボール盤、工場扇風機、各種工具類を頂戴しました。
 同社は各種金型の製造、自動制御装置の開発・製造・販売を手掛けられています。
 http://kitakami-er.com/

北上エンジニアリング

 本来であれば片付いた中で撮影するべきですが、取り急ぎ御紹介させていただきます。

いざ、釜石へ!

 釜石の2社にお持ちするための分類作業が、ほぼ終わりました。これに、月曜日に到着予定の工具を加えて、出発です!
 6月11日(土)現在で、16社・2グループから、約1000個の機械・工具が集まっています。

作業
 基盤技術支援センターの倉庫では手狭になりましたので、岩手大学工学部附属金型技術研究センターの実験室をお借りして、提供機械・工具を保管していただいています。御協力、ありがとうございます!

(株)平野製作所様

 K.N.F会員企業の(株)平野製作所様からエアーインパクト、ガンドリル等を頂戴しました。
 同社は建設機械、自動車エンジン部品、光学機器部品などを手掛けられています。
http://hirano-ss.co.jp/

平野製作所
超硬ロングドリルなど貴重な御支援をいただきました。

アムコー岩手(株)様

 北上市内に立地されているアムコー岩手(株)様から、電気ドリル、卓上ボール盤、ハンドソー、水準器などを頂戴しました。実に18種類の様々な工具、ありがとうございます。
 アムコー岩手(株)は半導体後工程事業を手掛けられている企業です。


アムコー岩手
HR部HRグループ長 臼井敬治さんにお持ち頂きました。

北上槌屋デカル(株)様

 K.N.F会員企業である北上槌屋デカル(株)様から、ドライバー、スパナ等を頂戴しました。
 同社では自動車用装飾ストライプ等のステッカーをデザイン・生産されています。
 http://www.tsuchiya-group.co.jp/group01.html

槌屋デカル
 レンチ、ヤスリなどで一杯の工具箱をお持ち頂いた小原肇総務課長

 

(有)大和製作所様

 K.N.F会員企業の(有)大和製作所様からディスクグラインダー、ドライバー類を頂戴しました。
 同社は、アルミダイキャストの切削加工を得意とされています。今回の震災では、北上市基盤技術支援センターが同社から工具類を貸与して頂くという支援を受けております。

大和製作所
ドライバーは大量に頂戴していますが、写真は見本を1本。K.N.Fでは幹事を務められている福岡弘義取締役にお持ちいただきました。ありがとうございます。

板橋共同受注グループ・イタテック様

 K.N.F産学民官講演会に東京都・板橋区から駆けつけていただいた板橋共同受注グループ・イタテック会長鈴木敏文様から、高圧洗浄機と蒸気消毒機を頂戴しました。
 共同受注グループ・イタテックは、「機械加工部品のワンストップ・ショッピング」を目指して活動されています。
http://www.itatech.com/

 イタテック
 (株)松本精機鈴木敏文社長。今回の震災では、震災直後から様々な助言も頂いています。

ケミコン岩手(株)様

 ケミコン岩手(株)様から、スパナ・ドライバー等の工具類と、電動ドライバーを頂戴しました。
 同社は日本ケミコン(株)のグループ企業で、小型アルミ電解コンデンサの専門工場です。

ケミコン岩手
 管理グループ長の菊池浩二さんにお持ち頂きました。菊池さんは軽々と持ち上げていますが、工具がぎっしり入っていたので、たいへん重かったです。ありがとうございます。

いわてイーハトーブ機工会様、(株)鬼柳様

 K.N.F会員企業の(株)鬼柳様と、北上市、花巻市、奥州市の機械工具を取り扱っている商社の団体・いわてイーハトーブ機工会様から研磨ホイール、溶接機等の機械・工具類を頂戴しました。写真では判りにくいのですが、合計888点頂戴しています。ありがとうございます。
 (株)鬼柳様は、自動省力化機器、システムの販売、情報提供サービス等をされている商社です。
 (株)鬼柳様はイーハトーブ機工会の会員企業でもあり、当日は同じく同機工会の会員企業である(株)NaITO北東北支店様もいらっしゃいました。(株)NaITO様は切削工具、機械工具、産業機器、工作機械等の販売をされています。

鬼柳
イーハトーブ機工会会員企業の(株)NaITO北東北支店 中山和典さん(左側)と、K.N.F副代表を務めている(株)鬼柳 鬼柳裕代表取締役(右側)  

(株)エレック北上様

 K.N.F会員企業の(株)エレック北上様から、ドライバー等の工具類を頂戴しました。
 同社は、金属精密部品の金型設計製作と部品加工、プラスチック部品の金型設計製作と成形加工を得意とされています。地域の企業が自動車部品製造に参入した共同受注グループ「プラ21」のメンバーとしても知られています。
 http://www.elec-k.co.jp/index.html

エレック北上
K.N.Fでは幹事を務めている林 和幸 代表取締役

K.N.F総会/講演会の講師の御紹介

 新潟県中越地震(平成16年10月23日発生)は、新潟県川口町(合併して、現在は長岡市東川口)で最大震度7を記録した直下型地震でした。
 本震発生後2時間の間に震度6の余震が3回発生したほか、1日のうちに100回を超える有感地震が発生。長岡市などで高齢者や子供など68人が亡くなりました。

 被災翌年の平成17年から、新潟県長岡市の「長岡まつり大花火大会」では、復興祈願花火「フェニックス」が盛大に打ち上げられています。

 「フェニックス」は、新潟県中越地震の被災者の「応援歌」として親しまれていた平原綾香さんのデビュー曲「Jupiter」にシンクロして、約3分間に渡って信濃川沿いの全長2.7キロの打ち上げポイントから、1尺玉が次々に、そして2尺玉6発が一斉に打ち上がるという壮大な特大スターマインです。

 「フェニックス」を企画したのは、新潟県中越地震で自らが経営する工場も被災した中、消防団員として停電した真っ暗闇の長岡市内を巡視した御経験を持つ株式会社広井工機代表取締役 廣井晃氏です。
 国内の工業集積地の間で日頃からお互いの信頼関係を築き、いざというときに互いに安心して支援する、支援を受けられるというネットワークを作ることを目指す活動にも取り組んでいらっしゃいます。 

 北上ネットワーク・フォーラムでは講師に廣井様をお招きし、長岡市の皆さんがどのように震災から立ち上がったのか、そして、これから国内の産業集積地は、どのように連携して被災地を支援するべきなのか貴重なお話を伺います。

 復興祈願花火フェニックス公式サイト
  http://www.phoenix-hanabi.jp/pc/
 昨年の「フェニックス」の動画
  http://www.youtube.com/watch?v=DwuvEtwEEa4

(株)ベスト様

 K.N.F会員企業の(株)ベスト様からノギスとマイクロメーターを頂戴しました。
 同社は超精密プレス加工を得意とし、プレス加工の微細高精度六角ナットを世界で初めて開発・実用化するなど活躍されています。
 詳しくは下記リンク先を御覧ください。
http://www.best-mold.co.jp/index.html

ベスト

グリーンリサイクル(株)北上工場様

 K.N.F会員企業のグリーンリサイクル(株)北上工場様から、送風機、投光器等を頂戴しました。
 同社は東北地方で配電線保守・新設に伴って発生する伐採木を破砕処理してチップ化し、製紙工場や火力発電所等の「カーボンニュートラル燃料」として提供しています。
 詳しくは下記リンク先を御覧ください。
グリーンリサイクル(株)

グリーンリサイクル

東北日発(株)様

 K.N.F会員企業の東北日発(株)様から、電動チェーンブロックとバランサーを頂戴しました。
 東北日発様では、自動車用バネ等を製造されています。詳しくは、下記リンク先を御覧ください。
 東北日発(株)ホームページ

東北日発
K.N.Fでは幹事を務めている及川宗一常務取締役

(株)市川製作所様

 K.N.F会員企業の(株)市川製作所様から、レンチとスパナを頂戴しました。写真には写っておりませんが、工具箱ごと3箱分、頂いております。
 市川製作所は大物から小物まで、精密機械部品の多品種少量受注に対応している企業です。

市川製作所
 K.N.Fでは副代表を務めている市川雅得代表取締役  

支援工具の分類作業

 提供頂いた工具類を、北上市基盤技術支援センターの産業高度化アドバイザー・松野章さんにお願いして、種類・規格等を分類して頂いています(写真右)。

分類作業


 K.N.F顧問の鈴木高繁さん(岩手県工業技術集積支援センター技術アドバイザー・有限会社KCS代表取締役)にも、工具類の整理の仕方を相談することができました(写真左)。

(有)伝野工業所様

 K.N.F会員企業の(有)伝野工業所様から、フライス盤用切削工具等一式を頂戴しました。
 事務局員総掛かりで伝野哲夫社長と一緒にトラックから積みおろしましたが、一つ一つの品が、ずっしりと重いものでした。
 これだけの量をトラックに積むのは大変だったと思います。ありがとうございます。

 伝野工業所
        トラックから工具をおろす伝野社長

(株)START様

 K.N.F会員企業の(株)START様から電導ドライバーやスパナ類など、工具一式を頂戴しました。
 (株)STARTは、高橋卓社長が今年1月に創業された、研磨を得意とする企業です。

START

 右側が高橋社長です。(左側は事務局・石塚)

岩手日日1面に記事掲載されました

岩手日日

6月5日付の岩手日日1面に記事掲載されました。
ありがとうございます。
プロフィール

K.N.F

Author:K.N.F
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。